トップ > 歯並び別治療法・期間 > 出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

上の歯が角に前方に出ている状態をいいます。上顎の位置、上前歯の位置や傾きの異常、下顎の位置の異常などの状態によって治療法、期間が変わってきます。上顎の成長を抑制したり、悪習癖の改善が有効なことが多いです。早期に原因の発見、除去、改善に努めたい不正咬合です。

出っ歯(上顎前突)の臨床上の分類

1)上顎そのものが前方に出ているケース

上顎は頭の骨と接しているため、成長のパターンが下顎と異なり比較的早期にその特徴が出ます。
遺伝的要素が強い場合は成長を抑制する顎外の装置を早めに使用しつつ(夜間のみ)、経過観察、本格矯正へと移行します。前歯の突出感を軽減するために側方への歯列の拡大を試みたりしながら、機能性、審美性を整えていきますが審美的要求が満たされない場合永久歯の抜歯外科処置を併用することもあります。長期にわたる治療が予想されます。

2)上の前歯の位置だけが前方に出てしまっているケース

単純に永久歯の歯胚 (歯の元)の位置が前方にずれて作られてしまっていたケースもありますが、横向き寝や、頬づえなどで側方からの力が持続的にかかった場合、行き場のなくなった前歯が押し出されて前方に飛び出てしまうことがあります。この場合は、まずは悪習癖をやめていただく [?] ことから始まります。その後狭くなってしまった顎の幅を広げ、スペースを作ったうえで本格矯正にて前歯を後ろに引き下げます。矯正治療後の後戻りも起きやすいケースなので、態癖には要注意です。

3)上の前歯が前方に傾いてしまっているケース

主に口呼吸、指しゃぶりが原因といわれています。お口を閉じる筋肉が弱くいつもお口のあけた状態なら、MFT [?] を併用します。早期に発見し原因を除去できれば、前歯と6歳臼歯に装置をつけるだけで終了する場合もあります。しかし前歯以外にも習癖の影響が出てしまっていて歯列不正がある場合は本格矯正の対象になります。

4)下顎が後ろに下がってしまっているケース

お口周りの筋肉、特に舌の筋肉が弱かったり、または下顎を外から押してしまうような癖も原因ではないかといわれています。取り外し式の装置を使って適切な位置に下顎を誘導してから、必要に応じて本格矯正を始めます。

5)下の前歯が内側に傾いてしまっているケース

下唇を上の前歯でかむ癖や上唇で上前歯と上唇全体で包むような癖が原因のひとつではないかといわれています。床装置にワイヤーをつけ歯の裏側から押し出す方法もありますが、ほかの部分にも歯列不正が出ていることが多いのでその場合本格矯正の対象になります。

6)過蓋咬合

1)上顎が前方に突出していたり、4)下顎が後ろに下がっていたりして上顎に対して下顎が著しく後方にあり、なおかつ、噛んだ時に上の歯に覆われて下の歯がほとんど見えないかみ合わせを過蓋咬合といいます。 1) の場合は抜歯ケースや外科が必要になる可能性が高い難症例です。しかし、4)の場合は小児期からかみ合わせを改善することにより簡単に治ってしまうことが多いです。顎の位置の診断がとても大切になります。

7) 1)~6)がいくつか組み合わさったケース

このページの先頭へ

出っ歯(上顎前突)の症例

治療例 1

上顎3Dリンガルアーチ、下顎クレアでスペース確保のための拡大と臼歯部のコントロール中:
装置を装着しているのは、お口を開けてもほとんど目立ちません。その後最終的にブラケットをつけて仕上げの治療を行いました。

治療前
治療終了時

治療例2

下顎後退位と過蓋咬合を合併をしています。歯列幅径も小さかった為単純拡大装置で横幅の改善をし成長のスパートに合わせて下顎を前方へ誘導。横向き寝の態癖もあり左の奥歯の何本かだけが内側に倒れこんでいたので、態癖の改善指導。装置にも態癖防止の工夫をしています。治療開始から1年半で経過観察となり、13歳現在です。

治療前
第一期治療終了時
経過観察中現在13歳です

治療例3

初診時8歳9ヶ月、上顎そのものが前方にかなり出てしまっている重度の上顎前突でした。将来的には外科治療や抜歯治療の必要性もある事をご説明し、上顎のこれ以上の突出は抑制し、下顎を前方に誘導する夜間のみ使用する装置(FKO)で噛み合わせを改善していきました。形態を改善しただけでは機能が自然に改善しなかったので、MFTも行いました。現在経過観察中13歳ですが、口元の突出感もなく機能的にも審美的にも整ったお口元となっています。

初診時 8歳9ヶ月
経過観察中現在 13歳
 

 

治療例4

上下の顎の位置はそれほど問題がないのですが見た目はとても出っ歯に見えました。歯が唇側に向かって強く傾斜していたためです。その上、アレルギー性鼻炎がひどくいつも口を開けたままでしたのでなおさら歯列不正を助長していました。耳鼻科での治療と併行して鼻呼吸を促進する訓練を行ったり、お口を閉じやすくす訓練;MFTを行い、夜間のみ使用する取り外し式の装置を1年6ヶ月使用し、良好な経過をとっています。

初診時 8歳1ヶ月
経過観察中現在:16歳

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ