すきっ歯

すきっ歯には成長の段階で自然に治ってしまうもの、一方歯並び治療だけではきれいに治しにくいものもあります。原因別に適切な治療法を選択することが大切です。

すきっ歯

治療例

乳歯列のすきっ歯は正常なものなので全く問題ありません。

永久歯にはえ換わる際に必要な空隙です。

また、上の前歯が萌えてきてから、糸切り歯がしっかり萌えるまでの間は、上の前歯は“ハ”の字型に広がって出てくるためすきっぱに見えます。これもほかの歯列不正を併発していなければ成長の一過程ですので心配ないです。

唇と歯茎をつなぐ靭帯が上の真ん中の前歯の間に入り込んでいる場合はいつまで待ってもこの隙間は閉じないので、外科的に靭帯を切ってあげた方がよいでしょう。舌癖や舌の大きさの異常からくるすきっぱもあります。その際は、舌へのアプローチも必要です。原因をきちんと把握しないと治療後に後戻りも起きやすいので注意が必要です。

また、先天的に歯の数が少ない場合や歯の大きさが極端に小さかったり形が樽状の場合なども歯と歯の間に大きく隙間のあいた歯列になります。このような場合は矯正治療だけでは審美的、機能的改善は難しいので補綴治療(かぶせもの、ブリッジ、インプラントのように足らない部分を人工のもので補う処置)を併用するようになります。

このページの先頭へ

 

お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ