トップ > 歯並び別治療法・期間

歯並び別治療法・期間

歯ならびにもさまざまな症状があり、治療法もさまざまです。当医院では、カウンセリングからメンテナンスまでサポートし、患者様がキレイな永久歯列を手に入れられ、守っていけるよう努めています。

症状別分類とそれぞれについての治療法を挙げていますが、実際の患者様はいくつかの症状が合併していることがほとんどです。また原因なども様々で下記のものがすべてではありません。患者様が意識することにより治療への理解が得られるものや、治療に影響を及ぼすであろう原因について特に取り上げております。

矯正治療の一連の流れです。じっくりと相談しあった上で治療方法を決めていきます。
初診の流れ

下顎が前に出ていて、下の歯が上の歯にかぶってしまう場合の治療方法。
受け口(反対咬合)

俗に言う「出っ歯」です。上顎が突き出ている、または下顎の成長不足という場合もあります。
出っ歯(上顎前突)

不正咬合の中でも、咬合誘導によって抜歯を避けられる典型的なケースです。お早めにご相談下さい。
八重歯(叢生)

すきっ歯には成長の段階で自然に治ってしまうもの、一方歯並び治療だけではきれいに治しにくいものもあります。
すきっ歯

交叉咬合とは、上下の歯列がどこかで交叉しているかみ合わせのことです。

交叉咬合

指しゃぶりなどの癖を改善するだけで歯並びがきれいになるケースが多々あります。
開咬

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ