トップ > 歯並び別治療法・期間 > 受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)

下の歯が上の歯より前に出てしまっている状態をいいます。顎の状態によって簡単に早く治せるケースから、長期に難しい治療が必要なケースとヴァリエーションに富みます。早期に適切な診断が必要です。

受け口の臨床上の分類

受け口の臨床上の分類と、考えられる原因治療方法などをあげております。実際はいくつかの要因が併発していることも多いので治療もそれに伴い複雑になります。

1)下顎そのものが前方に過成長しているケース

原因としては遺伝的な要素が強いとされ、下顎の成長を抑制するという生体にとってはマイナス方向へのコントロールになるため早期からの治療が必要でかつ完全にコントロールするのは難しいケースとなることが多いです。

就学後、取り外し式の装置などはお子様自身が管理できるようになってから装置を使用しての治療を始めますが、チンキャップなどの顎外で使用する装置を比較的低年齢から夜間のみ使用していただくこともあります。また途中、経過観察のお休み期間をはさみながら、本格矯正に移行し成長期を過ぎるまで長期にわたってのコントロールが必要です。抜歯ケース外科ケースになる可能性も高いです。

2)上顎の劣成長

一見、1)と似たような所見を呈しますが骨格分析などをすると上顎の発育が十分でないために相対的に下顎が出てしまっているケースです。乳臼歯の早期喪失に伴い上顎へのかむ力がうまく伝わらず成長が抑制されてしまったり、うつぶせ寝による成長阻害なども原因かと考えられていますが、遺伝的要素も疑われます。上あごの成長を促進する装置を積極的に使うことにより良好なコントロールが得られやすいです。しかし、成長期を通してコントロールし続けたり、本格矯正が必要になる可能性は高いです。

3)下の前歯が前方に押し出されているケース

低位舌といって常に舌が下の前歯に触っているような場合や舌で前歯を押す悪習癖が原因になります。矯正装置を使用しての治療以外にも根本的な力のコントロールとしてMFTが必要になります。

4)上の前歯が内側にある

乳歯から永久歯に萌え換わる際、突発的な理由で永久歯が本来あるべき位置より内側にはえてしまうことにより起こります。受け口の治療としては最も簡単に済む可能性があります。当医院では取り外し式の装置で歯をワイヤーなどで押し出してあげる方法で3カ月程度で良好な結果を得られています。

5)1)~4)がいくつか組み合わさったケース

このページの先頭へ

受け口(反対咬合)の症例

治療例1

治療前、お父様が典型的な反対咬合で同じようなお口になるではないかと心配されて相談を受けました。下顎の過成長も将来的に予測されますが、セファロ分析の結果現時点ではそれは認められず、上顎の劣成長と分かり上顎の成長促進をした結果、3か月で反対咬合は改善し、半年間で上顎そのもの良好な成長が認められました。

治療開始時:6歳9ヶ月
第一期治療終了時:9歳10ヶ月
経過観察中:15歳

治療例2

永久歯に生え変わる頃から舌の歯に押されて下顎前歯が出てくるのを自覚していたが、放置していたら噛み合わせが逆になってしまったとの事。

いわゆる舌の癖にによる反対咬合です。遺伝的要因が小さくてもこのままのかみ合せで下顎骨が思春期成長をすれば骨格性の反対咬合になってしまいます。

既に8歳で体格もしっかりしたお子さんでしたので、前歯部の関係を早急に装置を使って改善し、悪い舌の癖を治す為にMFT行いました。
前歯部の被蓋は半年程で改善、16歳現在も良好な噛み合わせを保っています。

治療開始時:8歳9ヶ月
前歯部被蓋改善:半年後
経過観察中 16歳

治療例3

当医院では乳歯列期のお子様には矯正治療装置を使用せず、歯並びとって望ましい生活習慣やお食事の仕方のご指導に加えて舌の訓練を用いて第一期治療に備えます。良い環境が整う事でかみ合せに変化が生じる事もあります。

指導開始時:3歳2ヶ月
上の前歯の先端と下の前歯の先端をかみ合せると舌が下顎を前に押しだす力をかけてきます。
 
指導開始半年後
噛み合わせが少し浅くなってきました

切端位にて舌が出てこなくなってきています

指導開始1年半後

前歯部の被蓋が改善しています。 現在は永久への交換中で永久歯が反対のかみ合せにならない様に引き続きMFTを指導しながら経過を診ています。

 

一言で受け口といってもいろいろなタイプがあります。乳歯列から永久歯列に換わる際に自然に治ってしまう場合もありますが、残念ながら永久歯も噛み合わせが反対になってしまうことも多いです。

気になった時点でなるべく早めにご相談ください。小さいうちから長くコントロールが必要になるケースの場合は成長のピークを過ぎてしまってからだと、改善が難しくなります。

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ