トップ > 小児矯正の基礎 > 抜歯リスクを減らす - 咬合誘導とは?

抜歯リスクを減らす - 咬合誘導とは?

抜歯を避けるために、小児矯正をするときに有効な咬合誘導という治療法があります。

咬合誘導とは?

乳歯列から永久歯列に至る発育の過程で、歯と歯列弓、上下の歯列と顎、顔面のそれぞれが調和するよう、お子様が本来持っている成長する力を可能な限り発揮できるようにお手伝いしていくことです。

広義の意味では乳歯を虫歯によって失わせないこと、またかぶせものや詰め物をしたりして永久歯が萌えるまでかみ合わせの幅や高さを保つことも入ります。

当医院では装置を使用した狭義の咬合誘導を第一期治療と呼び、真ん中2本の永久前歯 が生えて来る頃をスタートの目安(6歳前後)考えております。永久前歯が並ぶための顎の横幅の成長発育を示す科学的なデータに基づく結果、真ん中の永久歯が生える頃から顎の拡大を行うと安定した良好な治療結果が得られる事がわかっています。実際にこの時期から始めた子供達は改善のスピードも速く、また後戻りしにくいという治療結果を得ています。以前は小学校に上がる頃に生える歯だったのですが、最近は多くの子供達がより早い時期に大人の前歯が出てくる傾向にあります。ブラケットを付ける本格矯正は第二期治療と呼び、咬合誘導後、経過観察をし、永久歯がすべて萌えそろうタイミング(12歳前後)で必要に応じて行っています。当医院では良好な咬合誘導の結果、ブラケットを付ける治療にはいたらず、健全な永久歯列を完成させる患者様も多くいらっしゃいます。

咬合誘導は矯正装置をつかっていくことが主ですが、効果を確実にするためにも、後戻り防止のためにも、ご自身のお口周りの筋肉の力のバランスを保つことが大切になります。頬側からと舌側からの力のバランスの取れた位置に歯は並びます。
MFT [?] といって必要な口腔周囲筋を鍛えるストレッチをしたり、歯並びを悪くする可能性のある 態癖防止 [?] も咬合誘導を成功させる上では不可欠です。

このページの先頭へ

咬合誘導に使用する矯正装置

当医院では、数多くの矯正装置をご用意して、お子様一人一人の歯並びに最適な組み合わせで使用しています。

1. 拡大床装置(咬合誘導初期)

単純側方拡大 : 主に上の顎の横幅全体を増やしたい時に使用します。

下顎前歯群拡大装置

ファンタイプ側方拡大装置 : 主に上の顎の犬歯間の横幅が足らないときに使用します。

偏側拡大 : 顎の歪みなどがあって特定の部分だけ拡大したい時に使用。

2. フェイシャルマスク、プレート(咬合誘導初期)

夜間就寝時のみの使用。非常に効果的な装置ですので顎外の装置で抵抗はあるかもしれませんがお薦めしています。
受け口で上顎の成長が足らない症例などに効果的。

[ フェイシャルマスク ]              [ フェイシャルマスク用プレート ]

3. FKO(咬合誘導初期)

上下顎の成長発育をコントロールして顎の前後的位置関係の不正を改善する装置です。就寝時のみ、半年程度使用していただきます。乳歯が多数残っているお子様の場合、この装置だけで出っ歯が改善し本格矯正が必要でなくなることもあります。また、下の歯に原因がある受け口の  治療にも有効です。

4. 3D リンガルアーチ(咬合誘導後期)

主に 6 歳臼歯のコントロールに使用。いろいろな症例に応用可能で、装置は外からは全く目立ちません

5. 3D クワドへリックス(咬合誘導後期)

上顎の緩徐な拡大に有効。横幅の改善に使用。外からは全く目立ちません

6. 3D クアドアクション(咬合誘導後期)

下顎の緩徐な拡大に有効。横幅の改善に使用。(左が3Dリンガルアーチ、中央が3Dクワドアクション;バンド部分に3Dリンガルと同じようにセットして使用します)

(3Dクワドアクションのアームを開いているところ、このようにアームを調整して歯列をゆっくり広げていきます)

7. クレア(咬合誘導後期)

アライナーの審美性とワイヤーの緩徐々で確実な作用が期待できる装置。様々な症例に応用可能。

8. チンキャップ(咬合誘導後期)

下顎の過成長が予測される受け口の場合使用。身長の伸びに合わせて夜間のみ装着して下顎の成長を抑制することを目的とします。完全にコントロールすることは難しいのですが使用してくださった患者様は大きな効果が得られています。

9. 各種アライナー

個々の歯牙移動に使用します。取り外し式の透明な審美的矯正装置の一つ。

10. アクティブプレート

[ プレート + ワイヤー ]
プレートのみの治療に加え、部分的に動かしたい歯を積極的に移動。

11. アクティブアライナー

[ アライナー + ワイヤー ]
アライナーのみの治療を、より積極的にする装置。

12.咬合斜面版

下顎を前方に誘導したいときに使用します。下顎が後ろに下がってしまって出っ歯に見える症例に効果を発揮します。

13. 咬合挙上床

奥歯の萌え方が足りないときに使用します。前歯のかみ合わせが深く、噛んだときに下の歯が全く見えない症例などに効果的です。

14. タングガード

舌を歯に押しあててしまう癖への対策用。
弄舌癖が原因で開咬になってしまっているお子様や歯性の下顎前突の治療に有効です。第二次成長期前、乳歯がまだ残っている歯列の場合はこの装置だけで開咬が改善してしまうことも少なくありません。

などなど、たくさんの基本装置から、さらに患者様お一人お一人のお口に合ったものをオーダーメイドでお作りします。

設計はすべてドクターが行っています。1つの装置で可能な時も2,3種類の装置が必要な時もあります。またどの装置も終日使用してもらうものは外からは目立たないものです。

このページの先頭へ

MFT

お口周りの特定の筋肉が弱いせいで、歯並びが悪くなっているようなケースではまずこの点を改善しなければ、矯正治療を一度したとしても同じような状態に戻ってしまいます。

患者様によって訓練しなければいけない筋肉が異なりますので、患者様ごとに実行可能な訓練方法をご提案します。

毎日実行できるかどうかが重要になりますので担当衛生士と、効果の出方や患者様の協力度を見ながら進めてまいります。

このページの先頭へ

態癖の改善指導

指しゃぶりが歯並びを悪くするのは比較的広く浸透していますが、生活習慣の中には歯並びに悪い影響を与える癖がたくさん潜んでいます。

お口の中をとった模型と照らし合わせるとびっくりするほど顕著に出ている方もいらっしゃいます。次のような癖があったら今すぐやめるように努力しましょう。それだけでもきれいな歯並びを作る前準備となります。

  1. 頬杖
  2. 頬に手を当てての横向き寝、もしくは枕を頬に当てての横向き寝、うつぶせ寝
  3. 同じ方向からテレビを見る(首をひねって右か左を向く時間が長い)
  4. 下唇をかむ
  5. 舌を歯に押し付ける、もしくは歯と歯の隙間から出す
  6. 口をあけたままにしている(口呼吸)
  7. 爪を噛む

などが代表的なものですが、患者さんそれぞれに固有の歯並びへ影響を及ぼす特殊な癖がある場合もございますので、常にお口の中と照らし合わせ何か気になることがあった場合はすぐにお話しするようにしています。お子様の癖が気になったら

お気軽にご相談下さい

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ