トップ > 小児矯正の基礎 > よくある質問

よくある質問

お子様の矯正で、よく頂く23の質問について詳しく解説させていただきます。

よくある質問

1. いつごろから始めたらよいのでしょうか?

装置を使用する、しないは別として、気になった時点で早めにご相談ください。

当医院では実際に装置を使っての咬合誘導は 7 歳以降を目安とさせていただいておりますが、それ以前に歯並びに影響する癖を見つけたりお食事のお話をさせていただいたり、虫歯や虫歯の処置歯が原因であった場合はその治療をしております。

良い歯良い歯並びを作る準備は歯が萌えた時点でスタートしています。

このページの先頭へ

2. 親は気になるのに本人は気にならないと言っています、治療すべきでしょうか?

歯並びの程度にもよります。

ご本人が必要性を感じていない場合、長い治療期間をがんばりとおすのは大変かと思います。まずはご本人がご自身の歯並びと向き合って、どう受け止めていくかをよくお話ししてからが良いと思います。こちらでも、お子様の現時点での歯並びの問題点、そのために将来的にどのような不利益が起こるかなどお子様のご年齢に合わせた説明のしかたで、お話してまいります。

このページの先頭へ

3. 上の前歯の間があいてしまっています。矯正治療は必要ですか?

乳歯から永久歯に萌え換わる初めの時期(大人の犬歯が萌えるころまで)は最も歯並びが汚く見える時期があります。真ん中の前歯の間は隙間があって“八“の字型に広がっているのを見てご相談に来る方も少なくありません。

しかし、この時期の正中離開は生理的なことが多くほかの歯列不正と合併していなければ問題はありません

また、歯肉と唇をつなぐ靭帯が歯と歯の間に入り込んでいて歯と歯の隙間が閉じない場合もあります。まず靭帯を切ってあげることで自然にくっついてくることを期待します。永久犬歯が萌出した時点で隙間が閉じないようであれば部分的な矯正装置で閉じた方がよいでしょう。

このページの先頭へ

4. 3歳児検診で歯茎と唇をつなぐ筋を切らないと歯並びが悪くなるといわれました。どうしたらいいでしょう?

確かに上唇小帯が真ん中の前歯の歯と歯の間に入り込んでいると正中離開を起こします。

しかし 3 歳で外科処置は当医院ではお勧めしていません。 3 歳以降言葉も発達しますし、食べ物も固いものなど食べられるようになりますので、お食事をしたり唇を動かすことによって改善されることを期待します

実際にかなりの方が改善されます。小学校入学前後、真ん中の大人の歯が萌えてきます。そのころまだ唇からの靭帯が歯と歯の間にしっかりと入り込んでいるようであれば いずれは切除するようになると、その旨ご説明します。永久犬歯が萌出する小学校高学年くらいまでには切除し歯と歯が閉じやすくなる環境づくりをすることをお勧めします。

このページの先頭へ

5. 矯正しても、受け口は治らないといわれました。本当ですか?

矯正して簡単に改善してしまうケース、矯正しても難しいケースがあるのは本当です。
しかし遺伝的な要素の強い受け口で、抑制しても下顎がどんどん成長してしまうようなケースでも成長期を利用してコントロールすることによって、何もしないよりは良い状態が得られます。気になった時点で早めにご相談ください。

このページの先頭へ

6. 矯正は子供のうちからと言う人と、歯が萌えそろうまで待ってから矯正をした方が期間が短くて済むと言う人といろいろな意見があってよくわかりません。どっちが本当ですか?

どちらも本当です。

子供のころから矯正すると治療期間は長くなる一方、永久歯を抜かずに済む可能性が高いというメリットがあります。また永久歯が全部萌えそろってから矯正をした場合、抜歯をしなければ並ばないことが多いですが、矯正期間はブラケットをつけて歯を移動する本格矯正のみになるので、時間的には予測もしやすく短くもなります。

患者様がどこに価値観を置かれるかによっても意見の分かれるところかとは思います。

このページの先頭へ

7. 母乳で育てた方が歯並びが悪くならないというのは本当ですか?

吸うことで舌の前方の筋肉が、飲み込むことで舌の根元の筋肉が鍛えられます。歯列に対して舌の影響は大きいので、しっかりと吸ったり、飲み込んだりして筋肉が正常に鍛えられることはよい歯並びを作る第一歩と言えるでしょう。

しかし必ずしも母乳で育たなかったお子様が歯並びが悪くなるわけではありませんし、母乳で育てさえすれば歯並びが良くなるというものでもありません。

このページの先頭へ

8. 乳歯を早く失うと歯並びは悪くなってしまうのですか?

はい、その可能性は高いです。

特に乳臼歯を早期に失うことによって6歳臼歯というかみ合わせを決定する大切な永久歯が前方に傾いて萌えてしまったり、位置そのものが前方にずれて萌えてしまったりします。その結果、そのあとにはえてくる永久歯も本来の位置に並ぶことができずにずれた状態に並ぶことになります。
また、多数の乳臼歯を失うことによって顎の骨に噛む力が伝わらず、骨の発育にも影響を及ぼしかねません。乳歯はどうせ抜け換わるからと言って、乳歯の虫歯を放置するのは大変危険です。

このページの先頭へ

9. 萌えてきた大人の前歯がうまく並んでいません。隣の乳歯を早く抜けばきれいに並びますか?

前歯部がうまく並ばないということは、歯と顎の骨の大きさのアンバランスがあってのことと思います。

どちらが原因なのかは患者様によって異なるのですが、いずれにせよ、隣の乳歯を抜いてしまってもその下からはまた大人の歯が萌えてきます。その歯の行き場がなければまたそこでデコボコができるので根本的な解決にはならないでしょう。

このページの先頭へ

10. ほかの歯はきれいに並んでいるのに、犬歯が八重歯になりそうです。抜いてしまってもいいですか?

犬歯は長く安定したかみ合わせのためには必要不可欠と言われているとても重要な歯なのでよほどのことがない限りは抜くことはまずありません。犬歯が並ぶスペースがないときは咬合誘導で顎を大きくしてあげてスペースを作るか、隣の小さな奥歯を抜いてスペースを作るかして犬歯は抜かずに歯を並べるようにします。

このページの先頭へ

11. スポーツや体育の授業に矯正装置は影響しませんか?

大丈夫です。

取り外し式の装置で、ご心配であればその時間だけははずしておいてもかまいません。取り外せないものでしたら、本来お口の中にずっと入れておくように設計しているので全く問題ありません。

このページの先頭へ

12. 楽器の演奏に影響はありますか?

大丈夫です。

いろいろな装置の種類があるので、取り外し式のものにしたり、装置の設計を工夫しますのでご心配いりません。

このページの先頭へ

13. 水泳はしても大丈夫ですか?

大丈夫です

取り外し式のものでも、水中で外れてしまうほどゆるい装置は使っていませんのでそのままで構いませんが気になるようであればその時間だけはずすこともできます。

このページの先頭へ

14. 歯磨きが心配です。矯正装置をしている時の歯磨きは自分でできるものでしょうか?

もちろん歯磨きや装置のお手入れはご自身でしていただきます。

担当の歯科衛生士が毎回歯磨きのチェックを行い苦手な部分の磨き方をご指導したりサポートしますのでご安心ください。また矯正治療中にカリエスリスクの変動がないかも唾液検査を定期的に行うことによってチェックしています。矯正治療が終了したとき歯も歯並びもきれいにが、大前提です。

このページの先頭へ

15. 咬合誘導に使用する装置の違和感はありますか?しゃべりにくかったり、食べにくかったりしますか?

咬合誘導に使用する装置は、取り外しのものが多いのでお食事時ははずしていただきます。しゃべりにくくなったり、違和感は多少ありますが皆さん、1週間程度で慣れていただけているようです。

このページの先頭へ

16. 後戻りって何ですか?

歯や顎は動かした後、元の位置に戻ろうとします。

装置を外した後はや歯を支えている歯肉、歯槽骨が新しい位置で安定するまでそれらを動かした期間と同じくらいが必要と言われています。後戻りを防止するために保定装置というものを使って安定するまで待ちます。矯正治療で得られたきれいな歯並びとかみ合わせを長く安定させるためには必須ですので保定はしっかりしていきましょう。

※取り外し式の保定装置2例

このページの先頭へ

17. いつまで後戻り防止の装置は必要ですか?

歯を動かしたのと同じくらいの期間と言われています。

一生という先生もいるくらいです。当医院では一般的な保定期間を患者様には考えていただいています。

このページの先頭へ

18. 矯正した歯は一生きれいなままですか?

矯正治療をした、しないにかかわらず、歯は一生動き続けます。親知らずの萌出によって奥歯が押されて手前の歯並びが乱れることもあります。また、つめや、唇をかむ癖があったり、頬づえといった態癖によっても歯列不正が引き起こされます。歯列不正が引き起こされそうなサインを発見するためにも治療終了後の定期健診はお勧めです。

このページの先頭へ

19. 治療途中でやめたくなった時、転勤で通院できなくなった時はどうすればよいでしょう?

まず、やめたい気持ちにならないようにすることが大切ですね。

お子様が途中でやめたくならないように皆でサポートしてまいります。当医院ではお子様ご自身にも治療がどのように進んでいるか、どういう仕組みで治っているかなどお話ししながら進めておりますので、興味を持って治療に参加してくださっているように思います。特別な事情があって中断しなければいけないときは、動かした歯が悪い方向へ動かないように設計した装置を入れて経過を観察し、再開を待つことが良いと思います。中途半端な状態で終えてしまうのだけは避けたいです。

 転勤で遠くへとなると3~4週ごとのご通院は難しいかもしれません。可能であれば調整間隔を長めにできる装置に変えて続行するのが理想的です。矯正治療は抜歯、非抜歯のことだけをとっても術者によってさまざまな考え方があるのでできれば同じ治療方針のもとで治療を完了したく思います。

どうしてもの場合は、全国にネットワークは広がっておりますので、治療方針が大きく違わない、信頼できる矯正医をご紹介するようになります。

このページの先頭へ

20. 取り外し式の装置を壊してしまったり、紛失してしまったら費用はかかりますか?

はい、残念ながら装置代は実費でいただくようになります。

装置の管理には十分気をつけて大切にしてください。咬合誘導を始める際は担任の先生にその旨伝え協力していただくとよいでしょう。給食の時間に間違ってゴミ箱に入れられてしまった装置を先生とクラスの皆で探して無事に見つけたという患者様もいらっしゃいます。また、装置によっては発音しにくい音が出ることもあるのでやはり先生に伝えておくとよいでしょう。
患者様からご依頼があれは私どもから学校へのご説明のお手紙を作成しております。

このページの先頭へ

21. 矯正装置はお口の中に長く入れていても安全なのでしょうか?

矯正装置に限らず、歯科で使用する材料は安全基準を満たしているものなのでまずご心配はいりません

近年、アレルギーの患者様が増えてきているためまれに金属の使用が限られたり、プラスチックが使用できなかったりという報告も聞きます。その際は使用できるものに換えて治療をします。

このページの先頭へ

22. かぶせものをしてある歯、神経の処置をしてある歯は動きますか?

歯そのものが健康であればかぶせものがしてあっても、神経の処置をしていても動きます。

しかし、歯根の先が膿んでいたり、外傷を負った歯 ( 強くぶつけてぐらついたことがある歯 ) などは歯根と骨が癒着してしまっていて動かないことがあります。お子様の場合、神経の処置をしてあることは少ないのですが外傷歯は意外に多いので問診の際お伝えください

このページの先頭へ

23. 矯正治療中にもし虫歯になってしまったら?

もちろん、当医院で治療します

必要に応じて装置を外したり、装置の変更もします。しかし、衛生士たちのブラッシング指導の甲斐あって、当医院ではそのよう大がかりなむし歯の処置をしなければいけなくなった患者様はいらっしゃいません

 

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ