トップ > 小児矯正の基礎 > 小児矯正の開始時期

小児矯正の開始時期

小児矯正といっても、いつごろから始めればいいの?
そんな疑問にお答えします。

矯正治療の前準備

当医院では実際に装置を使った治療は未就学児(乳歯列)のお子様には原則としてお勧めしておりません。

装置そのものの管理がご自身では難しいですし、
不快感や痛みに対しての受け入れがまだ不十分な時期なので、それによって得られるメリットより精神的、身体的に被るデメリットのほうが大きいと判断するからです。

しかし、最近では永久前歯の萌出の時期が早くなり就学時まで待っていると理想的な顎の成長にあわせた治療ができない場合も出てきています。また、臼歯部交叉咬合等は早期の治療が望まれます。たとえ乳歯列であっても顎の左右的なズレが出てしまっているかみ合わせの改善は緊急性が高いです。反対咬合も乳歯列時では簡単に改善する事が多く、その時に改善してしまえば負担が少ないです。その後、永久歯列になる際に注意深く経過を観察し反対咬合の再発、発症を防ぐ事で必要最低限の介入ですむ場合が少なくありません。
従って、乳歯列でも効果的な治療介入ができると判断した場合は治療を行っております。まずはご相談下さい。若年者は成長の個人差が大きいので慎重に対応しております。

歯並び治療は将来必要だけどまだ装置を用いた治療が難しいと判断した場合、矯正治療の前準備として、悪習癖の改善 [?] MFT [?] の指導はさせていただきます。また定期健診などでお口の状況を把握させていただいたり、虫歯予防、虫歯の治療をしながら、しかるべき時に向けて準備をします。この時期に患者様と良好な関係が作れると、いざ矯正を始めるという時に円滑に治療が進められます。

このページの先頭へ

咬合誘導、矯正治療の時期

装置を使用しての咬合誘導、矯正治療の時期についてですが当医院では、咬合誘導 [?] 第一期治療と呼び、真ん中の永久前歯が萌出したら(6歳前後)主に取り外し式の装置で治療を開始します。その後永久歯の萌出を経過観察しつつ待ち、個人差はありますが12歳~15歳頃からブラケットを付けた本格矯正である第二期治療に移行します。

当医院で推奨している理想的なお子様の理想的な矯正の流れ

  • 6歳未満:虫歯の処置や予防処置、歯磨き指導、態癖指導、食事指導、など広義の咬合誘導、必要に応じて装置を使用した第一期治療 
  • 6歳以降:装置を使用しての第一期治療:咬合誘導 ( 半年~1年程度 )
  • 7歳~12歳前後:咬合誘導、および保定、経過観察
  • 12歳~15歳:第二期治療開始( 2年程度 )
  • 第二期治療終了後:保定(2年程度)もしくは親知らず萌出まで

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ