トップ > 小児矯正の基礎 > 小児期からの矯正の限界

小児期からの矯正の限界

小児期に矯正治療を始めて得られるメリットは大きいのですが、後々に処置が必要になってくる場合もあります。

小児期からの矯正の限界

抜歯や外科処置の回避という点では、小児期から始める矯正治療成長発育を利用できるのでメリットは大きいのです。

子供のころから矯正治療をした場合、70%程度は歯を抜かずに済むという報告もあります。しかし、残りの30%は残念ながら抜歯や外科処置が必要になる場合もあります。とくに、遺伝的な要因の大きい受け口上顎の突出したケースでは成長の抑制はかなり困難です。また、開咬も最も難しい矯正治療といわれており抜歯や外科処置の対象になることが少なくありません。

さらに、成長発育は様々な因子に左右されるため、正確に予測することは難しくそのうえで抑制したり、促進させたりが自由自在にできるものではないという厳しい指摘もあります。

もちろん何もコントロールしないよりははるかに歯列とかみ合わせを整えることはできます。しかし、思春期成長が止まった時点で審美的にさらなるご希望がある場合は抜歯ケースへ移行したり外科処置ケースに移行する可能性も否定できません。

これは成人矯正でも同じことが言えますが価値観の比重を患者様がどこへ置くかによっても抜歯、外科処置の介入の必要性は変わってきます。将来的にそのような不安がある場合には予めご説明いたしますのでご一考いただく機会をご家庭でもたれてください。

 

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ