トップ > 矯正を成功させるために > 癖の改善と筋機能療法

癖の改善と筋機能療法

歯並びによくない影響を与える癖を改善することが歯並びを改善する場合もあります。

態癖について

指しゃぶりが歯並びを悪くするのは比較的広く浸透していますが、生活習慣の中には歯並びに悪い影響を与える癖がたくさん潜んでいます。

お口の中をとった模型と照らし合わせるとびっくりするほど顕著に出ている方もいらっしゃいます。こんな癖があったら今日からすぐにやめるように努力してください。それだけでもきれいな歯並びを作る前準備となります。

  1. 頬杖
  2. 頬に手を当てての横向き寝、もしくは枕を頬に当てての
  3. 横向き寝、うつぶせ寝
  4. 同じ方向からテレビを見る(首をひねって右か左を向く時間が長い)
  5. 下唇をかむ
  6. 舌を歯に押し付ける、もしくは歯と歯の隙間から出す
  7. 口をあけたままにしている(口呼吸)
  8. 爪を噛む

などが代表的なものですが、患者さんそれぞれに固有の歯並びへ影響を及ぼす特殊な癖がある場合もございますので、常にお口の中と照らし合わせ何か気になることがあった場合はすぐにお話しするようにしています。

このページの先頭へ

MFT( 筋機能療法 ) について

歯の傾きや歯列が決定される仕組み

理想的な舌の位置

歯の傾きや歯列が決定される仕組み

 

※ Muscle Wins! の矯正歯科臨床 近藤悦子著より 抜粋

歯はお口の中で舌と口唇、頬の力のバランスが調和している位置に並びます。 
ですから、舌癖のために上の前歯の内側へ力が強くかかれば前歯は外に出る傾向が強くなり、出っ歯になりやすくなります。逆に咬唇癖があったりやオトガイ筋 (顎の先の梅干しの様な皺を作る筋肉)の力が強い場合は下顎前歯はそれら外からの力によって内側に傾く傾向をとり過蓋咬合になりやすくなります。また、お 口をいつも開けていて上下の歯の間に舌がのっていると、開咬といって奥歯でしっかり咬んでいるのに前歯が閉じない噛み合わせになります。

また下の前歯にいつも舌が触って下の前歯を押し出している様な場合は下顎の歯が上の歯より前に出てしまう事もあります。
他にも様々なお口周りの筋肉の不調和が正常な歯列の育成が妨げられる事がわかっています。MFTはこのような異常な筋肉の働きを正常にする為に行うお口の体操です。

舌と口唇と頬と歯並びの関係

※ 顔・からだバランスケア お口の健康を保つために 筒井照子著 より抜粋

もともとMFTは舌突出癖のある矯正患者さんの治療のために米国の矯正歯科医Rogers(1906)によって今から100年ほど前に考案された治 療法です。以来、米国では舌癖を改善し矯正治療を円滑に行い予後を安定させるための一手段として広まる一方で、言葉の障害の改善のための訓練法としスピー チセラピーの場でも発展してきました。
日本では30年ほど前から取り組まれるようになり、本来の目的である舌癖改善の治療法として矯正歯科で、口腔周囲筋の不調和による不正咬合予防のために小児歯科でも応用されています。
最近では顎関節症や嚥下障害へ応用されるようになり成人や高齢者へのMFTも行われています。またアンチエイジングや素敵な笑顔作りなど審美目的にもMFTが応用されています。
お口周りの筋肉は私たちが思っている以上に日常生活の所作に関連したとても大切な筋肉なのです。その筋肉が何らかの原因によって異常な動きをとると歯並び を悪くする原因となったり、上手くしゃべる事ができない、食べ方、呑み込み方がおかしい、嚥下ができない、表情が歪む等と云ったトラブルを引き起こす事が あります。その治療法の一つがMFTです。

当医院では歴史的に実績のある矯正治療へのMFTの応用を軸にMFTを積極的に取り入れています。矯正治療で歯並びを治しても お口周りの筋肉の力によって後戻りしたり、新たに悪い歯並びになってしまうのを防ぐためには子どものうちに筋肉の機能も正常化しておくのが理想的です。歯 列矯正において形態を整えMFTによって口腔周囲筋の機能を正常化し、機能と形態の調和を図る事により、健全な歯列の獲得と長期安定、維持が可能になりま す。


また、小児に関しては口腔育成としてMFTを良いお口作りのための体操として定期検診や日々の診療で歯磨き指導と同じようにご紹介しています。例えば指 しゃぶりによって不正咬合になる可能性が高いと予想されるお子さんにはMFTはお勧めです。不正咬合の予防としてのMFTに関しては賛否両論ありますが予 防矯正として装置を使える年齢ではないが、簡単なお口の体操ならできるという場合は取り組む価値はあるでしょう。

 

舌の癖によってかみ合わせが変わってしまう事もあります

 

※ 口腔筋機能療法(MFT)の臨床 より抜粋

一方、当医院ではスピーチセラピーの必要な子ども達へのMFTも行っています。舌の形態や動きの問題で言葉がはっきりしないお 子さんへはMFTは有効です。ただし専門家の診断が必要になりますので小児科医、養護教員、など専門家との連携を前提に慎重に加療させて頂いております。
5歳をすぎても言葉がはっきりしない、舌足らずな話し方になっている、という場合は舌の問題であれば歯科での対応が可能です。お子様の言葉が気になる場合はお気軽にご相談下さい。

 

 

MFTで改善が期待できる症状

口腔周囲筋の不調和のある場合が適応症となります。歯並びや上下の顎の位置関係を改善するための治療法ではないので形態の改善が必要な場合は矯正治療と並行して行います。

* 安静時(ぼんやりしている時)舌が上顎についていない
* お口をいつもぽかんと開けている
* 舌が上下の歯と歯の間にのっている
* 呑み込む時に舌が上下の歯の隙間に出る
* 呑み込む時に体全体を使わないと上手く呑み込めない
* お口を閉じて食べられない
* 唇を咬む癖
* サ行、タ行、カ行、ラ行など特定の音がはっきりしない

 

 

MFTの適応年齢

MFTはいわゆる“筋肉が異常な動きをする癖”の改善を目的としているので若年者ほど反応は良いです。しかしMFTのトレーニング内容が若干難しいのでトレーニングの意味が理解できる頃、小学校に入ってから永久歯列が生え揃うまでを最適応年齢としています。
成人の場合は一度定着した筋肉の無意識下での動きの改善は困難ですが日々のトレーニングをコツコツ頑張って頂く事で効果は出ます。

 

MFTのトレーニング

50種類以上もあるトレーニングの中から患者さんのお口の状態によってメニューを作り診療室だけでなくご自宅でも行って頂きます。

 

MFT症例

症例①:舌癖が反対咬合を助長している症例

舌癖によって前歯の反対咬合になっています。

治療前

舌突出癖があり、咬合誘導と併行してMFTを行い治療を行いました。

治療後 前歯の噛み合わせが反対のまま成人した患者さん

 

症例②:上顎前歯ノ捻れと上下顎の噛み合わせのズレのある症例

上顎前歯の捻れと上下の歯列の中心が大きくズレています

治療前
言葉がはっきりしないことを主訴に来院、歯並びも心配です

治療後 歯並びの悪さに気がつきこれから矯正する患者さん
MFTを実施 構音障害(舌足らずな話し方)の改善とともに歯並びも整ってきています。

 

このページの先頭へ


お子様の歯並びが気になったら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


↓ 診療時間外はこちら ↓

相談フォームへ